死が訪れる前に、色々残しておくことが大切

永代供養

社会的要因で永代供養墓が増える

現代の少子化に伴い家の墓守ができない、また高齢化に伴いお墓までお参りに行くことができない人が増えてきています。また死んだ後に誰にも迷惑をかけたくないという理由で永代墓を購入し、お寺や霊園が永代にわたり管理供養をしてくれる埋葬方法を選ばれる方もいるようです。 遺骨を保管する納骨堂は、外に建てる墓の場合お墓の下についているものですが、今は建物の中に納骨堂を配置したり室内のロッカーや、マンション型の納骨堂も作られており、お墓自体を外に建立するより安価で埋葬ができる特徴があります。 お墓自体を建立しないわけですから管理をするのも楽で、草取りなどの労力も必要もなくインターネット形式の永代供養のお墓もあるぐらいです。身寄りのない方や子供がいない方など生前から選択肢の一つとして検討してもよいのではないでしょうか。

後継者がいなくても、死んだあとでも安心

人がなくなると葬儀を行い故人の遺骨をお墓に埋葬していました。後継者が墓守をしていたわけです。上記のように少子高齢化の社会要因でその墓を守る人が少なくなり何年か先には無縁墓になってしまうという状態もまま見受けられる現代です。 そのため各寺.各霊園では上のような人たちのため納骨堂を準備し、永代供養という形で後継者がいなくなった後も永代にわたり供養を行うという方法を考案されました。 合同永代供養墓や室内にある納骨堂など、安価で永代供養をなさっているようです。身内の者がいなくなっても各寺院.各霊園で供養をしてもらえるのですから安心してあの世というところに行かれることかと思います。また各寺院.各霊園により永代供養料も違い、さまざまですので求められる際はお寺や霊園とよく相談することが大切です。