死が訪れる前に、色々残しておくことが大切

永代供養

自分の周りに後継者がいないという場合は、永代供養を行ないましょう。永代供養は、身寄りがない方にとって安心して利用できる葬儀方法です。ですから、身寄りがいないという場合は、永代供養をしてもらいましょう。

遺品整理をしよう

遺品整理はどんなに喪失感に襲われてもきちんと行う必要があります。なぜなら、遺族が前に進めるようにするためだからです。遺品をいつまでも残しておくと見るのも辛くなってしまいます。

準備しておこう

24時間対応しているので、いつでもサポートしてもらうことができます。八王子で葬儀を行なうならこちら。アットホームな葬式ができますよ。

危篤状態からでは手遅れです

死に先立って何を準備しておけばいいでしょうか。そんなものはいらないといわれる方もいますが、残された親族が慌てふためかないためにもできる範囲内で自分の死の準備をしておきましょう。 死が差し迫っていないのであれば、エンディングノートを用意するのがいいでしょう。これは人生のしめくくりにおけるメッセージを書きのこすものです。書店に行けばさまざまな種類のものが売られています。遺族へのメッセージや自分史を書くことで、これまでの自分自身の人生を振り返る契機にもなります。 葬儀や墓など、遺族に望むむことも書いておけば残された遺族は安心してあなたを送り出すことができると思います。注意したいのはこのエンディングノートはあくまで自分の死に方を考えるツールであって、何ら法的な効力がないということです。

葬儀を生前に具体的にイメージする

葬儀について場所をどこにするか、喪主は誰にするか、弔辞をだれに読んでもらうか、祭壇をどうするか、献花はどうするか等をノートに書くことで葬儀を具体的にイメージできるようになります。 自分が希望する葬儀を確実に行うために、葬儀の生前契約をする手段もあります。自分が納得いく業者を自ら選び、内容や費用について相談して書面で取り交わす方法もあります。いずれにせよ個人の意思というものを形にして残しておくわけです。残されたものは安心してあなたを送ってあげることができるでしょう。また遺影用の写真も自分で選んでおくこともいいことだと思います。まず最初にもめるのはこの遺影用の写真をどれにするかということですから。改めて撮っておくのもいいことですね。

業者に依頼しよう

遺品整理は、業者に依頼しましょう。なぜなら、自分一人で行なうものではないからです。どれを残すか把握するためにも周りの意見を聞くことは大切です。勝手に遺品を整理してしまうと、喧嘩になってしまいます。

葬儀の歴史と変化

葬儀の歴史はとても昔から行われていました。平安時代になると葬儀方法は変わり、数多くの貴族たちに知れ渡りました。現在では、葬儀とともに火葬を行なうのが義務になっています。